日本アイルランド協会

日本アイルランド協会が主催する年次研究大会、研究会、イベントのお知らせをいたします。

文学研究会例会のお知らせ

2018.02.18 Sunday 15:58

3月の文学研究会例会のご案内を申し上げます。St Patrick’s Dayの開催となります。皆さまのご参加をお待ちいたしております。(会員以外のかたも歓迎です。)

 

日時:2018年3月17日(土)15:00開始(〜17:30頃、その後講師を囲んでの懇親会)

場所:立教大学 池袋キャンパス 太刀川記念館第二会議室

   大学への交通アクセス:http://www.rikkyo.ac.jp/access/

*参加費不要 (予約不要にて参加していただけますが、初めてご参加の方、また会員以外のかたにはご一報いただければ助かります。nichiaibungakuアットマークgmail.com

<発表>

潜在的ホモ・サケルとしての自転車人間

―フラン・オブライエン『第三の警官』における生政治の表象―                                                                                          

今関裕太(東京大学大学院)

<要旨>

『第三の警官』(The Third Policeman、1939年執筆)の語り手が迷い込んだ世界では、「原子交換」と呼ばれる法則により、人間と乗物を構成する原子が絶えず交換される。そして、表向きには教区の違反自転車を取り締まる三人の警察官たちは、人間と自転車の交換率を調整することを秘密の職務としている。本発表では、このように教区の住民たちが自転車人間あるいは人間自転車としてその身体を政治的権力によって直接的に管理される様子を、フーコーおよびアガンベンの著作を参照しながら、近代国家における生政治の寓意として読み解く。こうした読解において念頭に置かれるのは、独立戦争と内戦を経た1939年当時のアイルランドが生政治を基盤とする近代国家として構築の途上にあり、オブライエンは保健・地方自治大臣秘書官としてその過程に関わっていたこと、そして、ハクスリーの『すばらしい新世界』(1932)に代表されるような、政治的権力による国民の生の人工的制御を主題とした同時代のフィクションに、オブライエンが興味を示していたことである。

 


アイルランド文化研究会のお知らせ

2018.01.18 Thursday 22:31

下記の通りアイルランド文化研究会を開催します。

どうぞご参加下さい。

会員以外のかたも参加できます(事前に事務局 infoアットマークjapan-ireland.com までお知らせください)。

日時:3月10日(土)午後2時-5時
場所:成城学園教育研究所会議室(法人事務局棟3階)
題目:映画『A Man of No Importance』(邦題:ダブリン・バスのオスカー・ワイルド)
   をめぐって
   アイルランド・イギリス合作 1994年
   監督:スリ・クリシュナーマ
   出演:アルバート・フィニー、ブレンダ・フリッカー、マイケル・ガンボン
今回取り上げるのは、1962年のダブリンを舞台に、オスカー・ワイルドに心酔する中年のバスの車掌に、ワイルドの芸術と人生を投影させた作品です。
研究会では、アイルランドの文脈の中に改めてオスカー・ワイルドを置いてみることの意味を探っていきたいと思います。


日本アイルランド協会公開講座(1月17日)

2018.01.10 Wednesday 11:33

協会員でもある海老島均先生の特別授業を、日本アイルランド協会とのタイアップで一般の方にも公開することになりました。日程が迫ってのお知らせで恐縮ですが、ご都合のつく方はどうぞご参加ください。

「スポーツを通して見える日本とアイルランドの比較文化論」

日時:2018年1月17日(水)16時20分から17時50分
場所:成城大学3号館322教室
講師:Chris Green 氏(アイルランド領事、2等書記官)、海老島 均 氏
参加費:無料

文学研究会例会

2017.12.22 Friday 11:19

下記の通り文学研究会を開催します。皆様のご参加を心よりお待ちいたしております。
会員以外の方でも聴講できますので、事前に担当者までご連絡ください(北文美子:kitaアットマークhosei.ac.jp)。


日時:2018年1月20日(土)15:00開始(〜17:30頃、その後講師を囲んでの懇親会)
場所:立教大学 池袋キャンパス 太刀川記念館
発表題: 中世アイルランドのキリスト教の特質を探る:『韻文詩篇』 Saltair na Rann (10世紀末)を読んで
発表者: 松岡利次氏(法政大学名誉教授)

要旨:

10世紀に書かれた『韻文詩篇 (Saltair na Rann) 』を題材にして、それ以前のアイルランドのキリスト教文書も参照しながら、中世アイルランドのキリスト教の特質をキリスト教学ではなく文学的視点からご一緒に探ってみようと思います。アイルランド人の創造主観、「神ってだあれ」、終末への強い関心、祈りと死生観と生き方というような根本的なことについて読み取れるかどうか。
『韻文詩篇』はsaltair「詩篇」という語が使われていますが、実際の内容は『詩篇』ではなく、旧約聖書物語です。『創世記』から始まり、他の書の中に出てくるエピソードが韻文で語られています。それをたどると作者が聖書のどの部分に関心を持っていたかがわかります。『詩篇』の翻訳ではなく旧約聖書物語なのに、それを詩篇と呼んでいることからもわかるように、アイルランド人は福音書と並んで文学的な『詩篇』を好みました。修道院学校に入った子供に最初に教えるのは『詩篇』で、日本における『論語』のように暗誦させました。中世アイルランドにおける『詩篇』についても考えてみたいと思います。
正典に限らず、外典や、創造主・キリスト・マリア・使徒・教父について、また教えについての異端的な解釈も含めて読むことでキリスト教の姿が見えてくるのではないかと思います。各人が触れたキリスト教は一面的でしょうが、それがその人に影響を与えたとすれば、その一面がその人にとってのキリスト教の本質。いろいろな方のキリスト教への思いを聞かせていたただければありがたいと存じます。

 


歴史研究会のお知らせ

2017.11.27 Monday 12:50

歴史研究会例会を下記の通り開催いたします。

いつもと異なり日曜日となりますが、奮ってご参加ください。

会員以外のかたでも聴講できます(担当の後藤浩子までご連絡いただければ幸いです hgotoアットマークhosei.ac.jp)

 

日時:12月10日(日)午後2時より
場所:法政大学市ヶ谷キャンパス、80年館7階 丸会議室(図書館入り口の右隣にある80年館玄関非常口からお入りください
★日曜なので80年館玄関のシャッターは閉まっていますが、玄関左脇にある非常口は開きますのでそこから入ってください)
報告者:浅川 聖 氏 (元在アイルランド日本大使館専門調査員)
タイトル: 「近年のアイルランド経済の動向−EU/IMF財政支援プログラム脱却からBREXITまで−」
 


2017年度アイルランド研究年次大会

2017.10.11 Wednesday 17:41

2017年度の日本アイルランド協会・アイルランド研究年次大会(第25回大会)のお知らせです

会員以外の方でも聴講できますので、どうぞご参加ください。

 

日程:2017年12月2日(土)14:00- ・12月3日(日)10:00-

会場:桃山学院大学 聖ペテロ館 (大阪府和泉市まなび野1-1)

プログラム

13.30- 受付 14.00  開会
14.15 講演 「W. B. Yeatsを読む悦び」
        講師:風呂本 武敏(元神戸大学・愛知学院大学教授)         
15:30 テーマ発表 

ケルト文化をとらえる ——アイルランドからの視点 ——
            司会・構成 松村 賢一(中央大学名誉教授)

 現代アイルランド文学におけるスウィーニー伝説の再生と変容
             池田 寛子(京都大学)

 前近代アイルランド史の立場から「ケルト」について考える        

              田中 美穂(大分工業高等専門学校)

 文芸復興主導者たちのオグレイディの受容について——変容する孤独なクーフリン像——
              山崎 弘行(大阪市立大学名誉教授)
     アイルランド文化とケルト的思考----流動・変容・回転―
               木村 正俊(神奈川県立外語短期大学名誉教授)
18.00〜 懇親会

 

12月3日(日)
10.00〜 受付
10.20〜12:15 研究発表  
アイルランド労使関係における「労使パートナーシップ」
     平川 宏(筑波大学大学院博士課程)
マイケル・マクラヴァティと「場所」―Call My Brother Backを中心に―
     中村 仁美(立命館大学)
アイルランドの ‘foul weather’---- ‘Meditations in Time of Civil War’ における再建のためのシェイクスピア―
     柿原 妙子(専修大学)
12.15〜 休憩
13:30〜16:30 シンポジウム
 あらためて ’border’ を考える―アイルランドとの関わりにおいて―
            構成・司会:山本 正(大阪経済大学)
   イギリス帝国内のアイルランド人

          高神 信一(大阪産業大学)

   アイルランドからアメリカ、ヨーロッパへ、そしてborderのない世界への希求
          真鍋 晶子(滋賀大学)

   Irish borderが意味するもの―政治、暴力、日常―
          尹 慧瑛(同志社大学)
   Borderに立って語る―北アイルランド小説の場合―
          北 文美子(法政大学)


歴史研究会共催、国際シンポジウム

2017.10.11 Wednesday 16:47

国際シンポジウム

Irish in Britain, Koreans in Japan: A Comparative Perspective

イギリスから、アイリッシュ・ディアスポラ研究の第一人者ブロンウェン・ウォルター氏をお迎えして、ブリテンにおけるアイルランド移民と在日韓国/朝鮮人との比較の可能性を考えるシンポジウム開催いたします。みなさま、どうぞご参加ください。

 

日時:2017年10月28日(土)14:00-17:30

場所:東洋大学 白山キャンパス 6号館2階 6203教室

プログラム:

14:00-14:05 開会の辞

14:05-14:45 報告1 ブロンウェン・ウォルター(Bronwen Walter)、‘Oldcomers’ still outside?  Shared positions of the Irish in Britain and Koreans in Japan’ Bronwen Walter

14:45-15:25 報告2 松村高夫(Takao Matumura)、 ‘Is comparative study between Koreans in Japan and the Irish in Britain possible?’

15:25-15:45  コメント 尹慧瑛(Yoon Hae Young)、Comments

15:45-16:15 休憩

16:15-16:45 リプライReplies

16:45-17:30 ディスカッション

17:30    閉会

使用言語:英語(討論は一部通訳付)

講演は入場無料、事前登録不要

  ブロンウェン・ウォルター アングリア・ラスキン大学名誉教授

  松村高夫 慶應義塾大学名誉教授

  尹慧瑛 同志社大学グローバル地域文化学部准教授

終了後、付近にて懇親会を予定しております(会費5000 円程度、学割あり)。

会場手配の都合上、懇親会出席をご希望の方は奥田までご連絡ください。 

 

問い合わせ:奥田伸子(名古屋市立大学) okuda*hum.nagoya-cu.ac.jp(送信時には*を@に置きかえてください。)

主催:科研「現代イギリス労働市場における国外出身労働者への継続的な依存と移民第二世代の成長」(代表:奥田伸子)

共催:日本アイルランド協会「歴史研究会」

科研「日本におけるアイルランド認識と植民地統治:アイルランドと朝鮮からの視点を交えて」(代表:齋藤 英里)


歴史研究会例会のお知らせ

2017.09.30 Saturday 10:02

10月14日(土)に下記の要領で歴史研究会を開催いたします。
みなさま奮ってご参加ください。

日時:10月14日(土)午後2時より
場所:法政大学市ヶ谷キャンパス、外濠校舎S201教室(正門の左側、セブンイレブンのある建物の2階、一番奥の教室です)
報告者:見市 雅俊 氏 (中央大学名誉教授)
タイトル: 「ほどよい近代、もしくは跛行的近代―スコットランドの共和主義的ナショナリスト、トム・ネアンのイギリス史論をめぐって」

 

会員以外のかたでもご参加できます。ご出席希望の方は、歴史研究会幹事の後藤浩子(hgotoアットマークhosei.ac.jp)までご連絡ください。

 


ベケットパフォーマンス

2017.09.26 Tuesday 09:51
映像作家小田浩之と高校生ダンサー高橋灯がサミュエル・ベケットの『ゴドーを待ちながら』を題材としたダンス×映像インスタレーションパフォーマンスを10月1日に行います。
お問い合わせは栗田美術館まで。
〒329-4217 栃木県足利市駒場町1542
電話 0284-91-1026
(当イベントは日本アイルランド協会主催ではありません)

2017年公開講座(後期)「アイルランド演劇へのいざない」

2017.09.11 Monday 11:03

関西での日本アイルランド協会主催公開講座、今年はアイルランドの演劇をテーマに2回2講座で行います。日本とアイルランドとの外交関係樹立60周年記念事業として、この夏、京都の狂言の名家茂山千五郎家が行った、イェイツとハーンの新作アイルランド公演の様子も報告します。

みなさまお誘い合せのうえご来聴下さいますようご案内申し上げます。

 

会  場 大阪経済大学 G館G62教室
  〒533-8533 大阪市東淀川区大隅2-2-8
       TEL:06-6328-2431(代表)
時  間 各回 14:00−16:30
参加費 各回 300円(申し込み不要)

 

第一回 10月28日(土)
◆「アイルランド演劇〜文芸復興から現代劇へ」
講師 松田誠思氏(神戸親和女子大学名誉教授)

第二回 11月4日(土)
◆「日本とアイルランドの架け橋〜狂言アイルランド公演
W.B. イェイツとラフカディオ・ハーン」
講師 松本薫師(大蔵流狂言師)
       真鍋晶子氏(滋賀大学教授)

 

問い合わせ先:

山本 正(大阪経済大学 TEL:06-6328-2431[代])
  E-mail:yamamotoアットマークosaka-ue.ac.jp

真鍋 晶子(滋賀大学 TEL:0749-27-1030[代])
  E-mail:akiko-mアットマークbiwako.shiga-u.ac.jp
 

 


| 1/10PAGES | >>