日本アイルランド協会

日本アイルランド協会が主催する年次研究大会、研究会、イベントのお知らせをいたします。

歴史研究会のお知らせ

2017.03.11 Saturday 10:25

下記の通り歴史研究会を開催いたします。

※会員以外のかたも参加できます。担当の後藤までご一報ください(hgoto[アットマーク]hosei.ac.jp)

 

日時:4月1日(土)午後2時より
場所:法政大学市ヶ谷キャンパス、82年館7階中2会議室 (図書館のある建物です。図書館入り口の右隣の入り口からお入りください)
報告者:八谷 舞 氏 (トリニティ・カレッジ・ダブリン博士課程)
タイトル: 「19〜20世紀転換期アイルランドの女性と読書」
要旨:
19世紀を通じた読書公衆の増加は、教育改革の賜物である一方で、民衆が「劣悪」な読み物に飛びつきかねないという新たな種類の懸念を生じさせた。民衆が何を読むべきで何を読むべきでないか、適切に教導する必要があるとの議論が盛んに行われたが、中でも女性は特に厳しい監視の対象であったとされる。
本発表では以上のような通説的理解について、公的史料と私的史料の両方を参照しながら再考する。特にここでは、読書行動に表れる女性の自主性(agency)に焦点を当てて検討したい。従来のフェミニスト的解釈においては、女性の被害者性を強調するという目的のもと、女性の自主性は意識的または無意識的に看過されてきた。しかし史料からは、近代的な「女性らしさ」の枠組みを超えない程度で、自己実現を求めて活動する生き生きとした女性の姿が垣間見える。そうした史料を参照しながら、世紀転換期アイルランドの女性たちが読書に何を期待し、どのように行動したかについて考察するのが本発表の目的である。
なお、本発表は、発表者が2016年9月にトリニティ・カレッジ・ダブリンに提出した博士論文"Women and reading in fin-de-siecle Ireland"を下敷きにしている。


スポンサーサイト

2017.09.11 Monday 10:25
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック