日本アイルランド協会

日本アイルランド協会が主催する年次研究大会、研究会、イベントのお知らせをいたします。

2017年度アイルランド研究年次大会

2017.10.11 Wednesday 17:41

2017年度の日本アイルランド協会・アイルランド研究年次大会(第25回大会)のお知らせです

会員以外の方でも聴講できますので、どうぞご参加ください。

 

日程:2017年12月2日(土)14:00- ・12月3日(日)10:00-

会場:桃山学院大学 聖ペテロ館 (大阪府和泉市まなび野1-1)

プログラム

13.30- 受付 14.00  開会
14.15 講演 「W. B. Yeatsを読む悦び」
        講師:風呂本 武敏(元神戸大学・愛知学院大学教授)         
15:30 テーマ発表 

ケルト文化をとらえる ——アイルランドからの視点 ——
            司会・構成 松村 賢一(中央大学名誉教授)

 現代アイルランド文学におけるスウィーニー伝説の再生と変容
             池田 寛子(京都大学)

 前近代アイルランド史の立場から「ケルト」について考える        

              田中 美穂(大分工業高等専門学校)

 文芸復興主導者たちのオグレイディの受容について——変容する孤独なクーフリン像——
              山崎 弘行(大阪市立大学名誉教授)
     アイルランド文化とケルト的思考----流動・変容・回転―
               木村 正俊(神奈川県立外語短期大学名誉教授)
18.00〜 懇親会

 

12月3日(日)
10.00〜 受付
10.20〜12:15 研究発表  
アイルランド労使関係における「労使パートナーシップ」
     平川 宏(筑波大学大学院博士課程)
マイケル・マクラヴァティと「場所」―Call My Brother Backを中心に―
     中村 仁美(立命館大学)
アイルランドの ‘foul weather’---- ‘Meditations in Time of Civil War’ における再建のためのシェイクスピア―
     柿原 妙子(専修大学)
12.15〜 休憩
13:30〜16:30 シンポジウム
 あらためて ’border’ を考える―アイルランドとの関わりにおいて―
            構成・司会:山本 正(大阪経済大学)
   イギリス帝国内のアイルランド人

          高神 信一(大阪産業大学)

   アイルランドからアメリカ、ヨーロッパへ、そしてborderのない世界への希求
          真鍋 晶子(滋賀大学)

   Irish borderが意味するもの―政治、暴力、日常―
          尹 慧瑛(同志社大学)
   Borderに立って語る―北アイルランド小説の場合―
          北 文美子(法政大学)


スポンサーサイト

2017.11.06 Monday 17:41
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック