日本アイルランド協会

日本アイルランド協会が主催する年次研究大会、各種研究会、イベントについてお知らせします。

カレンダー

     
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

マイケル・ロングリー氏が第一回の大伴家持文学賞を受賞されました。

2018.06.07 Thursday 20:01

富山県にある高志の国文学館をご存知でしょうか。そこより、アイルランドに心を寄せる者にとって嬉しい知らせが届きました。あらましを****内に転載します…

 

****
日本アイルランド協会の皆様

万葉集の代表的歌人である大伴家持(718〜785年)は、国守として赴任した越中で数々の秀歌を詠み、その歌の数々は、以後の和歌史を決定づけ今日も色彩を失わず我々の胸を打ち続けています。

 

富山県は、大伴家持の生誕1300年(2018年)を記念し、各種の記念事業を実施しています。

 

その主要事業として、県では世界の優れた詩人を顕彰する「大伴家持文学賞」を創設し、選考委員会での審議等を経て、このたび、第1回の受賞者を英国(北アイルランド)の詩人マイケル・ロングリー氏に決定しました。

受賞決定について、本日6月6日(水)に富山県庁において、富山県知事及び選考委員長を務めた国文学者で高志の国文学館の中西進館長から記者発表を行いました。


7月には富山市内で「大伴家持生誕1300年記念式典」を開催し、ロングリー氏をお招きして贈呈式と特別講演を行います。関連資料をお送りさせていただきますので、記念式典にぜひ多くの皆様にご出席いただけますよう... [後略]

 

======================================
富山県高志の国(こしのくに)文学館
〒930-0095 富山県富山市舟橋南町2-22
高志の国文学館HP http://www.koshibun.jp/

代表作を一堂に公開!
企画展「没後20年 星野道夫の旅 Selection」
H30.6.10(日)〜 H30.7.30(月)
======================================

****

 

なお、記念式典出席には 、日本アイルランド協会員として、別添の様式に従った事前の申し込みが必要です。

 

北國新聞のこの記事

      http://www.hokkoku.co.jp/subpage/T20180607201.htm

によると、「ロングリー氏は...叙情的、音楽的な美しい言葉を駆使した詩作技術が評価された。...大伴家持文学賞の募集期間は昨年7月〜11月で、各国文学の専門家や有識者らからの他薦で17の国・地域の94人が選考対象となった。」ということだそうで、ならば、北アイルランドの「紛争」時にその状況打破のために行動しつつ花鳥を愛でることも忘れなかったロングリー氏の詩作姿勢が、千年の時を越え、海と大陸を跨ぎ、わが国の古典の世界とつながったことになります。


 


速報: 2018年度第2回歴史研究会のお知らせ

2018.05.07 Monday 20:35

今年度2回目の歴史研究会の日程が、下記の通り決まりました。

発表者等につきましては、決まり次第またご報告します。

日時:6月23日(土)午後2時より

場所:法政大学市ヶ谷キャンパス、80年館7階丸会議
 


2018年度第1回理事会

2018.04.21 Saturday 13:39

 4月21日(土曜日)、大阪経済大学で、本年度第1回の理事会が開かれました。新体制発足にあたり、理事の役割分担を定め、また予算・決算案その他について討議しました。


デクラン・カイバード教授招聘イベントのお知らせ

2018.04.21 Saturday 05:06

早稲田大学文学学術院表象メディア論系より、以下の案内をいただきました。

---

早稲田大学文学学術院表象メディア論系では、アイルランドからデクラン・カイバード教授(ノートルダム大学)をお招きして、公開講演、およびシンポジウムを開催いたします。ご多用中とは存じますが ぜひお越しくださいますよう御案内申し上げます。

 

1. 公開講演:Inventing Ireland and After (英語、通訳なし) *梗概の日本語訳を配布いたします。


日程:2018年 5月 25日 (金) 18:00 (17:00開場)~19:00
会場:小野記念講堂(早稲田大学27号館 地下2階)
場所:東京都新宿区西早稲田1-6-1 (地下鉄東西線早稲田駅より 徒歩約5分)
地図:http://www.w-bridge.jp/pdf/onokoudou.pdf

 

2. シンポジウム:Inventing Ireland and After: A Spatial Approach to Irish Stories (英語、通訳なし)


日時:2018年 5月 25日 (金) 14:45~16:30
会場:早稲田大学26号館(大隈タワー)11階1102教室
場所:新宿区早稲田鶴巻町 516(地下鉄東西線早稲田駅より 徒歩約5分)
地図:https://goo.gl/dFu8ET
コメンテーター:デクラン・カイバード
発表者:谷川冬二(甲南女子大学教授):イェイツとdrawing room 文化
 坂内太(早稲田大学文学学術院教授):告白と変身:イェイツ/シング/ジョイス
 平繁佳織(中央大学専任講師):『ユリシーズ』「セイレーン」挿話とスモーキング・コンサート

 

なお、懇親会があり、定員30名となっているそうです。詳細、参加申し込みは、以下のサイトから

 http://hyosho-media.com/news/2018/0419_1-19.php

 

 


2018年度第1回歴史研究会のお知らせ

2018.04.21 Saturday 04:06

連休後の5月19日に今年度1回目の歴史研究会を下記の要領で開催いたします。みなさま奮ってご参加ください。

日時:5月19日(土)午後2時より

場所:法政大学市ヶ谷キャンパス、ボアソナードタワー25階C会議室
報告者:徳田 太郎 氏(法政大学大学院)
報告タイトル:「熟議システム論による2015年「婚姻の平等」法制化過程の分析
             ―国民投票とそれに先立つ「重層的な熟議」―」
<要旨>
 アイルランドにおける2015年の「婚姻の平等」(同性婚)の法制化は、「婚姻の平等」が国民投票によって認められた世界初の事例として注目された。しかしこれは同時に、ミニ・パブリックスでの熟議が憲法改正をもたらしたという点でも、世界で最初のケースであった。
 本報告においては、個別の熟議の制度やプロセスを超えて、それらの全体としての相互作用を把握しようとする「熟議システム論」の視座を援用し、この法制化過程を分析する。国民議会や、制度的な熟議の場としての憲法会議のみならず、賛成派・反対派双方による積極的なキャンペーン、さらにはゲイ・コミュニティや家族といった私的領域(親密圏)も含め、「様々な領域での熟議が重層的に重なり合う」様相を捉えていく。
 


St. Patrick's Day の集い

2018.03.02 Friday 09:56

下記の通り協会恒例行事、St. Patrick's Day の集いを開催します。

会員以外のかたも歓迎ですので、どうぞいらしてください。

 

日時:3月24日(土)14:00ー17:00
(会員の方は13:30ー14:00に会員総会を行います)
場所:アイリッシュパブ Celts 八重洲店(東京駅八重洲北口から徒歩3分)

会費:3,000円(ドリンク・軽食つき)
プログラム:アイルランド講談(桃川鶴丸 師)

      アイルランド音楽(セツメロゥズ)

      パブクイズ

      など

 

準備の都合がありますので、参加希望のかたはできれば3月19日までに事務局までご連絡ください。

infoアットマークjapan-ireland.com


文学研究会例会のお知らせ

2018.02.18 Sunday 15:58

3月の文学研究会例会のご案内を申し上げます。St Patrick’s Dayの開催となります。皆さまのご参加をお待ちいたしております。(会員以外のかたも歓迎です。)

 

日時:2018年3月17日(土)15:00開始(〜17:30頃、その後講師を囲んでの懇親会)

場所:立教大学 池袋キャンパス 太刀川記念館第二会議室

   大学への交通アクセス:http://www.rikkyo.ac.jp/access/

*参加費不要 (予約不要にて参加していただけますが、初めてご参加の方、また会員以外のかたにはご一報いただければ助かります。nichiaibungakuアットマークgmail.com

<発表>

潜在的ホモ・サケルとしての自転車人間

―フラン・オブライエン『第三の警官』における生政治の表象―                                                                                          

今関裕太(東京大学大学院)

<要旨>

『第三の警官』(The Third Policeman、1939年執筆)の語り手が迷い込んだ世界では、「原子交換」と呼ばれる法則により、人間と乗物を構成する原子が絶えず交換される。そして、表向きには教区の違反自転車を取り締まる三人の警察官たちは、人間と自転車の交換率を調整することを秘密の職務としている。本発表では、このように教区の住民たちが自転車人間あるいは人間自転車としてその身体を政治的権力によって直接的に管理される様子を、フーコーおよびアガンベンの著作を参照しながら、近代国家における生政治の寓意として読み解く。こうした読解において念頭に置かれるのは、独立戦争と内戦を経た1939年当時のアイルランドが生政治を基盤とする近代国家として構築の途上にあり、オブライエンは保健・地方自治大臣秘書官としてその過程に関わっていたこと、そして、ハクスリーの『すばらしい新世界』(1932)に代表されるような、政治的権力による国民の生の人工的制御を主題とした同時代のフィクションに、オブライエンが興味を示していたことである。

 


アイルランド文化研究会のお知らせ

2018.01.18 Thursday 22:31

下記の通りアイルランド文化研究会を開催します。

どうぞご参加下さい。

会員以外のかたも参加できます(事前に事務局 infoアットマークjapan-ireland.com までお知らせください)。

日時:3月10日(土)午後2時-5時
場所:成城学園教育研究所会議室(法人事務局棟3階)
題目:映画『A Man of No Importance』(邦題:ダブリン・バスのオスカー・ワイルド)
   をめぐって
   アイルランド・イギリス合作 1994年
   監督:スリ・クリシュナーマ
   出演:アルバート・フィニー、ブレンダ・フリッカー、マイケル・ガンボン
今回取り上げるのは、1962年のダブリンを舞台に、オスカー・ワイルドに心酔する中年のバスの車掌に、ワイルドの芸術と人生を投影させた作品です。
研究会では、アイルランドの文脈の中に改めてオスカー・ワイルドを置いてみることの意味を探っていきたいと思います。


日本アイルランド協会公開講座(1月17日)

2018.01.10 Wednesday 11:33

協会員でもある海老島均先生の特別授業を、日本アイルランド協会とのタイアップで一般の方にも公開することになりました。日程が迫ってのお知らせで恐縮ですが、ご都合のつく方はどうぞご参加ください。

「スポーツを通して見える日本とアイルランドの比較文化論」

日時:2018年1月17日(水)16時20分から17時50分
場所:成城大学3号館322教室
講師:Chris Green 氏(アイルランド領事、2等書記官)、海老島 均 氏
参加費:無料

文学研究会例会

2017.12.22 Friday 11:19

下記の通り文学研究会を開催します。皆様のご参加を心よりお待ちいたしております。
会員以外の方でも聴講できますので、事前に担当者までご連絡ください(北文美子:kitaアットマークhosei.ac.jp)。


日時:2018年1月20日(土)15:00開始(〜17:30頃、その後講師を囲んでの懇親会)
場所:立教大学 池袋キャンパス 太刀川記念館
発表題: 中世アイルランドのキリスト教の特質を探る:『韻文詩篇』 Saltair na Rann (10世紀末)を読んで
発表者: 松岡利次氏(法政大学名誉教授)

要旨:

10世紀に書かれた『韻文詩篇 (Saltair na Rann) 』を題材にして、それ以前のアイルランドのキリスト教文書も参照しながら、中世アイルランドのキリスト教の特質をキリスト教学ではなく文学的視点からご一緒に探ってみようと思います。アイルランド人の創造主観、「神ってだあれ」、終末への強い関心、祈りと死生観と生き方というような根本的なことについて読み取れるかどうか。
『韻文詩篇』はsaltair「詩篇」という語が使われていますが、実際の内容は『詩篇』ではなく、旧約聖書物語です。『創世記』から始まり、他の書の中に出てくるエピソードが韻文で語られています。それをたどると作者が聖書のどの部分に関心を持っていたかがわかります。『詩篇』の翻訳ではなく旧約聖書物語なのに、それを詩篇と呼んでいることからもわかるように、アイルランド人は福音書と並んで文学的な『詩篇』を好みました。修道院学校に入った子供に最初に教えるのは『詩篇』で、日本における『論語』のように暗誦させました。中世アイルランドにおける『詩篇』についても考えてみたいと思います。
正典に限らず、外典や、創造主・キリスト・マリア・使徒・教父について、また教えについての異端的な解釈も含めて読むことでキリスト教の姿が見えてくるのではないかと思います。各人が触れたキリスト教は一面的でしょうが、それがその人に影響を与えたとすれば、その一面がその人にとってのキリスト教の本質。いろいろな方のキリスト教への思いを聞かせていたただければありがたいと存じます。

 


歴史研究会のお知らせ

2017.11.27 Monday 12:50

歴史研究会例会を下記の通り開催いたします。

いつもと異なり日曜日となりますが、奮ってご参加ください。

会員以外のかたでも聴講できます(担当の後藤浩子までご連絡いただければ幸いです hgotoアットマークhosei.ac.jp)

 

日時:12月10日(日)午後2時より
場所:法政大学市ヶ谷キャンパス、80年館7階 丸会議室(図書館入り口の右隣にある80年館玄関非常口からお入りください
★日曜なので80年館玄関のシャッターは閉まっていますが、玄関左脇にある非常口は開きますのでそこから入ってください)
報告者:浅川 聖 氏 (元在アイルランド日本大使館専門調査員)
タイトル: 「近年のアイルランド経済の動向−EU/IMF財政支援プログラム脱却からBREXITまで−」
 


2017年度アイルランド研究年次大会

2017.10.11 Wednesday 17:41

2017年度の日本アイルランド協会・アイルランド研究年次大会(第25回大会)のお知らせです

会員以外の方でも聴講できますので、どうぞご参加ください。

 

日程:2017年12月2日(土)14:00- ・12月3日(日)10:00-

会場:桃山学院大学 聖ペテロ館 (大阪府和泉市まなび野1-1)

プログラム

13.30- 受付 14.00  開会
14.15 講演 「W. B. Yeatsを読む悦び」
        講師:風呂本 武敏(元神戸大学・愛知学院大学教授)         
15:30 テーマ発表 

ケルト文化をとらえる ——アイルランドからの視点 ——
            司会・構成 松村 賢一(中央大学名誉教授)

 現代アイルランド文学におけるスウィーニー伝説の再生と変容
             池田 寛子(京都大学)

 前近代アイルランド史の立場から「ケルト」について考える        

              田中 美穂(大分工業高等専門学校)

 文芸復興主導者たちのオグレイディの受容について——変容する孤独なクーフリン像——
              山崎 弘行(大阪市立大学名誉教授)
     アイルランド文化とケルト的思考----流動・変容・回転―
               木村 正俊(神奈川県立外語短期大学名誉教授)
18.00〜 懇親会

 

12月3日(日)
10.00〜 受付
10.20〜12:15 研究発表  
アイルランド労使関係における「労使パートナーシップ」
     平川 宏(筑波大学大学院博士課程)
マイケル・マクラヴァティと「場所」―Call My Brother Backを中心に―
     中村 仁美(立命館大学)
アイルランドの ‘foul weather’---- ‘Meditations in Time of Civil War’ における再建のためのシェイクスピア―
     柿原 妙子(専修大学)
12.15〜 休憩
13:30〜16:30 シンポジウム
 あらためて ’border’ を考える―アイルランドとの関わりにおいて―
            構成・司会:山本 正(大阪経済大学)
   イギリス帝国内のアイルランド人

          高神 信一(大阪産業大学)

   アイルランドからアメリカ、ヨーロッパへ、そしてborderのない世界への希求
          真鍋 晶子(滋賀大学)

   Irish borderが意味するもの―政治、暴力、日常―
          尹 慧瑛(同志社大学)
   Borderに立って語る―北アイルランド小説の場合―
          北 文美子(法政大学)


歴史研究会共催、国際シンポジウム

2017.10.11 Wednesday 16:47

国際シンポジウム

Irish in Britain, Koreans in Japan: A Comparative Perspective

イギリスから、アイリッシュ・ディアスポラ研究の第一人者ブロンウェン・ウォルター氏をお迎えして、ブリテンにおけるアイルランド移民と在日韓国/朝鮮人との比較の可能性を考えるシンポジウム開催いたします。みなさま、どうぞご参加ください。

 

日時:2017年10月28日(土)14:00-17:30

場所:東洋大学 白山キャンパス 6号館2階 6203教室

プログラム:

14:00-14:05 開会の辞

14:05-14:45 報告1 ブロンウェン・ウォルター(Bronwen Walter)、‘Oldcomers’ still outside?  Shared positions of the Irish in Britain and Koreans in Japan’ Bronwen Walter

14:45-15:25 報告2 松村高夫(Takao Matumura)、 ‘Is comparative study between Koreans in Japan and the Irish in Britain possible?’

15:25-15:45  コメント 尹慧瑛(Yoon Hae Young)、Comments

15:45-16:15 休憩

16:15-16:45 リプライReplies

16:45-17:30 ディスカッション

17:30    閉会

使用言語:英語(討論は一部通訳付)

講演は入場無料、事前登録不要

  ブロンウェン・ウォルター アングリア・ラスキン大学名誉教授

  松村高夫 慶應義塾大学名誉教授

  尹慧瑛 同志社大学グローバル地域文化学部准教授

終了後、付近にて懇親会を予定しております(会費5000 円程度、学割あり)。

会場手配の都合上、懇親会出席をご希望の方は奥田までご連絡ください。 

 

問い合わせ:奥田伸子(名古屋市立大学) okuda*hum.nagoya-cu.ac.jp(送信時には*を@に置きかえてください。)

主催:科研「現代イギリス労働市場における国外出身労働者への継続的な依存と移民第二世代の成長」(代表:奥田伸子)

共催:日本アイルランド協会「歴史研究会」

科研「日本におけるアイルランド認識と植民地統治:アイルランドと朝鮮からの視点を交えて」(代表:齋藤 英里)


歴史研究会例会のお知らせ

2017.09.30 Saturday 10:02

10月14日(土)に下記の要領で歴史研究会を開催いたします。
みなさま奮ってご参加ください。

日時:10月14日(土)午後2時より
場所:法政大学市ヶ谷キャンパス、外濠校舎S201教室(正門の左側、セブンイレブンのある建物の2階、一番奥の教室です)
報告者:見市 雅俊 氏 (中央大学名誉教授)
タイトル: 「ほどよい近代、もしくは跛行的近代―スコットランドの共和主義的ナショナリスト、トム・ネアンのイギリス史論をめぐって」

 

会員以外のかたでもご参加できます。ご出席希望の方は、歴史研究会幹事の後藤浩子(hgotoアットマークhosei.ac.jp)までご連絡ください。

 


ベケットパフォーマンス

2017.09.26 Tuesday 09:51
映像作家小田浩之と高校生ダンサー高橋灯がサミュエル・ベケットの『ゴドーを待ちながら』を題材としたダンス×映像インスタレーションパフォーマンスを10月1日に行います。
お問い合わせは栗田美術館まで。
〒329-4217 栃木県足利市駒場町1542
電話 0284-91-1026
(当イベントは日本アイルランド協会主催ではありません)

<< | 2/8PAGES | >>